工学院大学 >>建築学部 >>まちづくり学科 >>久田研究室旧ホームページ

top >> Activity


概要

当研究室は1995年度から工学院大学建築学科(現建築学部)にてスタートした地震工学と地震防災の研究を行っている研究室です。1995年は不幸にも阪神淡路大震災が発生し6000人以上の死者を出し、活断層の存在と都市直下にそれによる地震が発生した時のすさまじい破壊力を見せつけられました。当研究室では、震源や地盤特性を考慮した地震動の解析や設計用入力地震動、構造物の地震動応答解析、地震動・被害推定・被害情報収集システム、地域や超高層建築を対象とした地震リスクマネージメント等の研究を行なっています。

主な研究成果・報告書など


学会・シンポジウムでの活動(論文・口頭発表など)


その他の活動




概要


主な研究成果・報告書など


学会・シンポジウムでの活動


その他の活動



▲ PAGE TOP▲